歯医者さんで虫歯治療をしよう

虫歯は誰しもかかる可能性のあるものです。毎日歯磨きを行っていても虫歯になってしまうこともあります。虫歯はそのままにしていると、どんどんと進行してしまい、治療が遅れると遅れるほど、神経にまで影響が出てしまい治療が困難になり、抜歯しなくてはいけないほどになることもあります。虫歯治療において重要になってくるのが、症状に合った治療法です。歯医者さんによっても治療方針の違いから同じ症状でも異なる治療法を取ることがありますが、できるかぎり患者にとって負担の少ない治療を行う歯医者が人気といえるでしょう。

虫歯というと、歯を削って治療するというイメージがあるかもしれませんが、現在では早期の虫歯は削らずに、自然治癒で治すという方法も見直されています。もしも、行きつけの歯科医で歯を削られそうになった場合は、ほかの選択肢がないかどうか念のため確認してみるとよいでしょう。虫歯の段階は大きく分けて5段階に分類することができます。その段階によっては自然治癒で治すことも十分に可能です。

自然治癒で治すことのできる虫歯の段階の特徴として、歯の表面が白くなるという点が挙げられます。虫歯といえば黒くなるイメージですが、実は虫歯の初期症状は、歯の表面が白くなるのです。この段階であれば、フッ素を塗布して歯にミネラルを与えるだけで治癒することが期待できます。ただし、自分で目視するだけでは気が付かないこともありますので、定期的に歯医者さんでの検診を行った方が良いでしょう。そこで歯医者さんで効果的な治療を受けるために知っておきたいいくつかの知識をお伝えします。